ウクライナ中銀副総裁らに着服疑惑

ウクライナの検察当局は19日、ウクライナ中央銀行のカテリーナ・ロシュコバ第一副総裁ら複数の幹部について、着服の疑いで捜査を開始したと発表した。ロシュコバ氏は近年、銀行部門の汚職・腐敗の撲滅で成果を上げていた。地元紙キエフポストなどが伝えた。 捜査の対象となってい…

関連国・地域: ウクライナ
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

PGNiG、ウクライナで天然ガス開発(04/01)

ウクライナ、航空エンジン社の中国買収阻止(03/26)

ウクライナ経済、昨年はマイナス4%(03/24)

ウクライナ中銀副総裁らに着服疑惑(03/23)

ウクライナ機撃墜、イランが最終調査報告(03/19)

EU、対露制裁をさらに6カ月延長(03/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン