トヨタ、チェコ工場の操業停止=半導体不足

トヨタ自動車は、チェコ中部コリーン(Kolin)工場での生産を3月22日から2週間、停止するもようだ。半導体の供給が滞っているためで、北米での悪天候が一因という。チェコ子会社トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・チェコの広報担当者の話を元に、チェコ通信が19日伝えた…

関連国・地域: チェコアジア
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランドとチェコの炭鉱紛争に欧州委介入(06/11)

衛生紙パロマ、新生産ラインの稼働開始(06/10)

チェコ政府、2022年度予算案の大枠を承認(06/09)

チェコ議会、内閣不信任案を否決(06/07)

チェコ新車登録台数、5月は62.4%増加(06/07)

トヨタ、チェコ工場で「アイゴ」後継車生産(06/07)

アグロフェルト、利益相反巡り欧州議会提訴(06/02)

下院、建設事業の承認早める改正法案を可決(06/01)

ポーランドとチェコ、炭鉱訴訟巡り食い違い(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン