• 印刷する

仏、パリ含む16県でロックダウンを導入

フランスのカステックス首相は18日、パリを含む16県でロックダウン(都市封鎖)を導入すると発表した。新型コロナウイルスの感染状況の悪化を受けたもので、20日未明から4週間、県外移動や生活必需品以外を扱う店舗の営業などを禁止。一方、全土で導入している夜間外出禁止は1時間短縮する。

今回ロックダウンの対象とされたのは、主に北部の県で、2,100万人に影響が及ぶ。自宅から10キロメートル以内での移動や運動は許可されるが、外出の際には外出許可証の携帯が必要。また、特別な理由がある場合を除き、他県への移動は禁止されている。

生活必需品以外を扱う店舗は、書店を除き営業を禁止。一方、衛生基準を順守する理美容院は営業が可能で、学校も閉鎖されない。

全土での夜間外出禁止令は継続されるが、20日から開始時間が午後6時から7時に1時間後ろ倒しとなった。終了時間は午前6時のまま。

カステックス首相は、フランスは感染の第3波に襲われており、英国型の変異株は75%を占めると説明。特にパリでは状況が深刻で、10万人当たりの感染者数が400人を上回っているという。パリの集中治療室(ICU)の入院患者数は1,200人と、第2波のピークを超えている。


関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー世界販売、4.5%減少 高価格帯ブランドが落ち込み緩和(01/18)

独外相、露・ウクライナ訪問 外交ルート通じた緊張緩和図る(01/18)

トビラ元司法相、大統領選に出馬表明(01/18)

独仏中小企業、広告の個人情報活用に否定的(01/18)

米ファイザー、仏で5億ユーロ超投資へ(01/18)

仏、接種証明提示義務化法案が下院通過(01/18)

ルノー、30年までに欧州販売車両全て電動化(01/17)

仏インフレ率、12月は改定値も2.8%(01/17)

新興フリップディッシュ、9600万ドル調達(01/14)

仏、英ワクチン接種者の観光での入国許可(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン