• 印刷する

ウーバー、運転手を従業員扱い 英最高裁判決受け世界初の措置

米国の配車サービス大手ウーバーは16日、英国の登録ドライバー7万人超について、法定最低賃金や有給休暇を保証すると発表した。英最高裁判所が先に、ドライバーを従業員と認める判決を下したことを受けたもの。BBC電子版などが伝えた。

それによると、17日からドライバーを従業員として扱い、年金制度にも加入させる。英国の法定最低賃金は25歳以上では時給8.72ポンドで、4月からは8.91ポンドに引き上げられる。ウーバーによると、ドライバーの1時間当たりの平均収入はロンドンで17ポンド、その他の地域で14ポンドだという。

登録ドライバーの待遇を巡っては、複数の国で訴訟に発展している。ウーバーは今回の変更による利用料金の改定は行わないとしているが、カリフォルニア州で同様の判決が出た後、値上げが行われた。このため、専門家は英国でも料金引き上げにつながる可能性が高いとの見方を示している。

労働組合は、今回の動きはオンラインプラットフォームを通じて単発の仕事を受発注する「ギグエコノミー」に広く影響を与えると指摘。ただ、客を乗せていない待ち時間は賃金が支払われないとの批判もある。また、ウーバーが展開する食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員は、従業員とは認められない。[労務]


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン証取、パリ追い抜く 再び欧州最大に=仏政局混乱受け(06/19)

英再生エネ会社、ルーマニアで大口融資獲得(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

労働党の対EU貿易政策、効果は「最小限」(06/19)

ロンドンの労働生産性が低下=在宅勤務影響(06/19)

英の対イスラエル武器輸出許可額、95%減少(06/19)

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン