• 印刷する

自動車VW、通期は43%減益

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は16日、2020年12月期の営業利益が96億7,500万ユーロとなり、前期比43%減少したと発表した。新型コロナウイルス危機の中、中国市場の急速な回復がみられたものの、全体的な自動車需要の落ち込みが響いた。

売上高は11.8%減の2,228億8,400万ユーロ。販売台数は915万7,000台で、16.4%落ち込んだ。

特別損益を除く営業利益は45%減の106億700万ユーロ。これをベースとする利益率は4.8%と、1年前を2.8ポイント下回っている。

VWのヘルベルト・ディース最高経営責任者(CEO)は、今年について「世界的な半導体の供給不足により、生産台数が10万台減少した」と指摘。今後、半導体のサプライヤーと直接契約を交わし、供給を確保していくという。

同社はまた、21年の営業利益率は5~6.5%とした予測幅の上限になると見込んでおり、25年までにこれが7~8%に拡大すると予想する。さらに、今年の電気自動車(EV)の販売台数を累計100万台まで拡大させる計画も明らかにしている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、エネルギーのSEFEを国有化も(09/26)

VW、一部生産を国外移管も=ガス不足対策(09/26)

ボッシュ、タイでEV関連サービスに参入(09/26)

メルク、上海にバイオ医薬試験施設を開業(09/26)

ガス輸入コスト、1~7月は2.6倍に拡大(09/23)

JAL、成田―フランクフルト路線を増便(09/23)

BMW、タイ高級車市場で3年連続首位へ(09/23)

独政府、ユニパー国有化 公的資金80億ユーロを注入(09/22)

ドイツ、競争当局の権限強化を計画(09/22)

欧州司法裁、独のデータ保持規定に違法判決(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン