• 印刷する

イタリア、主要都市などで再び封鎖措置

イタリアで15日から、首都ローマや北部ミラノといった主要都市を含む過半数の州・地域でロックダウン(都市封鎖)が再び導入された。生活必需品以外を扱う店舗の営業が禁止されるほか、飲食店の店内営業もできなくなる。規制はイースター休暇明けの4月6日まで続く見通し。

15日からは、北部ロンバルディア州や中部ラツィオ州など7地域が感染リスクが非常に高い「レッドゾーン」に新たに指定された。これによりレッドゾーンは10州に増え、人口の大半が最も厳格な規制下に置かれた格好。これらの地域では、学校と商店は閉鎖。外出は通勤や通院、緊急の場合にのみ許可される。

レッドゾーンよりリスクが低いオレンジゾーンとイエローゾーンでは、1日1回のみ個人宅の訪問が可能。時間は午前5時から午後10時までの間で、地元自治体内に限られる。

イースター休暇の4月3~5日は全国がレッドゾーンとなる。教会での行事の実施や参加が許可されるかどうかは現時点で不明。ただ、1日1回午前5時から午後10時までの間で、同じ地域内であれば個人宅の訪問が許可される。


関連国・地域: イタリア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ南部からの入国制限 欧州各国、新変異株の確認受け(11/29)

伊、ワクチン未接種者への規制強化へ(11/26)

伊、陰性証明除くスーパーグリーンパス検討(11/25)

ドラギ首相、中国社による伊企業の買収阻止(11/25)

伊、ワクチン5カ月後に追加接種へ(11/25)

伊中部で自殺ほう助に許可=国内初(11/25)

伊競争当局、アップルとアマゾンに罰金(11/24)

乗車中の約3割がシートベルト非着用=調査(11/24)

伊北部のスキー場、コロナ懸念も営業再開へ(11/23)

欧州委、カルテルで伊コンセルベに罰金(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン