• 印刷する

ボルボ、30年までに全面EV化 販売はオンラインに完全移行へ

スウェーデンの自動車大手ボルボ・カーは2日、2030年までに販売する全車種を電気自動車(EV)化すると発表した。併せて、EVの販売をオンラインのみで行う方針も示している。

同社はかねて、25年までに販売車種の半数をEV、残りをハイブリッド車(HV)とする目標を掲げている。今後はHVも含め、内燃エンジンを搭載した車種からは段階的に撤退し、30年以降は完全電動型のEVのみを販売する方針。これに向け、向こう数年に一連の新EVモデルを発売する。

同社は併せて、これらの新EVモデルをオンラインのみで販売する計画も明らかにした。オンライン販売プラットフォームの開発に向けた投資を大幅に拡大し、ディーラー網を通じた従来型の販売からは徐々に撤退する。顧客との直接的な関係を強化する狙いで、車載システムやアプリを通じて収集される大量のデータを囲い込む狙いもあるとみられる。

顧客は今後、同社ウェブサイトでモデルやオプションを選んで発注すれば、自宅に車が届けられるようになる。また、新EVモデルでは、車載ソフトウエアの更新や修正はワイヤレスで行われる。

同社は昨年、同社初の完全電動車である小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「XC40リチャージ」を発売。この日には、新たに「40シリーズ」の小型EVを初披露した。

ボルボは中国の自動車大手、浙江吉利控股集団の傘下企業。[環境ニュース]


関連国・地域: スウェーデンアジア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

海運マースク、ニュージーランドで輸送事業(07/01)

オーステッドとトタル、風力発電に共同入札(07/01)

スウェーデン社、英洋上風力の権益取得(07/01)

トラックのスカニア、電池試験で米社と提携(06/30)

北欧2カ国、NATO加盟へ トルコが反対取り下げ=首脳会談(06/30)

北部の風力発電所、グリーンコートが取得へ(06/27)

自動運転エインライド、米で公道試験実施へ(06/27)

イケア、印南部に38億ドル投資へ(06/27)

エリクソン、マレーシアの空港に物流拠点(06/23)

バッテンフォール、洋上風力発電の権益取得(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン