米ファイザー製ワクチン、有効性は94%

米国の製薬大手ファイザーとドイツのバイオ医薬品会社ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、2回の接種で発症を94%減らすとの調査結果が、24日付の米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)」に掲載された論文で明らか…

関連国・地域: ドイツ中東
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ保健相、コロナ以降で3度目の交代(04/09)

独財政収支、13年以来の赤字 新型コロナ対策で歳出大幅増加(04/09)

オンライン食品販売Oda、2.2億ユーロを調達(04/09)

ドイツ、短期ロックダウン導入の可能性も(04/09)

コンチネンタル、旧合弁事業買収で承認獲得(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

製造業受注、2月は1.2%増加=内需好調(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

ドイツ機械受注高、2月は12%増加(04/09)

垂直離着陸機リリウム、サウジ研究所が出資(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン