伊当局、食事宅配業者に配達員の雇用命令

ミラノの検察当局は24日、米国の配車サービス大手ウーバー(Uber)や英国のデリバルー(Deliveroo)など食事宅配サービスを手掛ける事業者4社に、配達員を従業員として雇用契約を結ぶよう命じた。また、労働安全規則に違反したとして、計7億7,300万ユーロ超の罰金を科している。…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、2千億ユーロ超の復興計画公表へ(04/23)

スーパーリーグ構想、英6クラブも辞退(04/22)

検察、伊国鉄とゼネラリの保険契約を捜査(04/21)

メディアセット、仏社に対する訴訟で敗訴(04/21)

エニ、ラスアルハイマ首長国で探鉱生産契約(04/21)

伊政府、26日に規制緩和=屋外席の営業再開(04/20)

伊政府、mRNAワクチンの国内生産で協議(04/20)

伊高速道路上で規制反対デモ=2人負傷(04/20)

サッカー欧州強豪クラブ、新リーグ創設へ(04/20)

伊、400億ユーロを追加借り入れ=経済刺激(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン