人工透析フレゼニウス、通期は2.9%減益

人工透析機器・サービスで世界最大手のドイツのフレゼニウス・メディカル・ケアは23日、2020年12月期の純利益が11億6,400万ユーロとなり、前期比2.9%減少したと発表した。増収を達成したものの、中南米事業の減損処理が響いた。 売上高は178億5,900万ユーロと、恒常為替レートベ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

気候保護法改正案を閣議決定 独政府、排出ゼロ目標5年前倒し(05/14)

独、ワクチン接種者などの入国後隔離を免除(05/14)

荏原、独東部のオーバーホール工場が稼働(05/14)

ダイムラー、内燃エンジン車廃止を前倒しも(05/13)

シーメンス、ソフトウエアのワンスピン買収(05/13)

ティッセンクルップ、水素事業のIPO検討(05/13)

インフレ率、4月は2%=改定値(05/13)

BMW、タイ代理店が塗装センター開設(05/13)

復星、ビオンテック製ワクチンを中国生産へ(05/13)

独、航空燃料をクリーン化 政府と業界がロードマップ合意(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン