ラファージュホルシム、仏工場を閉鎖へ

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)は、2021年末までにフランス南部コンテス(Contes)のセメント工場を閉鎖する方針だ。従業員65人と間接的に雇用する約300人に影響が出る見通し。同社の広報担当者の話として、フランス通信(AFP)が伝えた。 それによると…

関連国・地域: フランススイス
関連業種: その他製造雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

独ビルケンシュトック、仏投資会社が買収(03/01)

仏、パリなど20地域で封鎖措置を導入も(03/01)

仏GDP、1.4%縮小 改定値で下方修正=第4四半期(03/01)

公益スエズ、同業ヴェオリアの買収案拒否(03/01)

エアバス、カーボンフットプリントを公表(03/01)

エスカルゴ農家、レストラン営業停止で打撃(03/01)

通信オレンジ、エジプトにデータ拠点設置へ(03/01)

仏、独と国境接するモゼル県で規制厳格化(02/26)

携帯4社、パリ市と5Gサービス展開で合意(02/26)

エアバスとNAS、発注取り消し条件で合意(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン