世界最長のつり橋、トルコ西部で建設進む

トルコ北西部チャナッカレ県で、欧州大陸とアジア大陸を結ぶつり橋「チャナッカレ1915年橋」の建設作業が急ピッチで進んでいる。2022年3月の完工が見込まれており、完成すれば全長4,608メートルと、世界最長のつり橋となる見通し。アナトリア通信が17日伝えた。 同橋は、ダーダネ…

関連国・地域: トルコ
関連業種: 建設・不動産運輸観光


その他記事

すべての文頭を開く

競争当局、米グーグルに3千万ドル超の罰金(04/16)

トルコ、ラマダン中にコロナ規制強化(04/16)

荏原、トルコポンプメーカー3社の買収完了(04/16)

PKPカーゴ、トルコ社と2国間運行を開始(04/15)

ルネサンス、リビアで空港ターミナル建設へ(04/14)

露、6月までトルコ便を制限=感染者増加で(04/14)

トルコ自動車生産、3月は19.4%増加(04/13)

EU大統領、「ソファ事件」受け眠れず(04/13)

トルコ、欧州委員長の扱い巡り批判殺到(04/12)

EU、トルコへの資金援助継続=首脳会談(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン