• 印刷する

JLR、世界で2千人整理へ 工場の人員は維持=来年中に完了

インドの自動車大手タタ・モーターズ傘下の英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)は、世界で従業員2,000人を整理すると明らかにした。工場の人員は削減しないという。BBC電子版などが伝えた。

同社はこの日、コストを削減し組織の機敏性を高めるための事業見直しについて、従業員への説明を始めた。品質と利益率を追求した価値創造に向け、従業員が迅速に、明確な目的を持って業務に当たることができる体制を築くことを目指す。人員整理は来年中に完了する見通し。

JLRは、需要減や英国の欧州連合(EU)離脱を受け、ここ数年従業員の整理を続けている。2018年には1,000人、19年には4,500人削減した。

同社は先に、25年までに「ジャガー」ブランドの全モデルを、完全電気自動車(EV)にするなど、電動化を柱とする新たな戦略を発表した。「ランドローバー」ブランドでは24年に最初の完全電動化モデルを発売し、25年にはこれを6モデルとする。また、30年までにジャガーでは販売する全ての車を完全EVとし、ランドローバーでもこれを約60%にする。これに伴い、国内3カ所の生産施設は維持するものの、非生産施設については大幅な削減や合理化を進める方針を示していた。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ボクソール、工場存続巡り近く結論も(02/26)

発電ドラックス、欧州最大の発電所建設中止(02/26)

セントリカ、通期は赤字拡大(02/26)

アビバ、ポーランド事業の買収提案期限延長(02/26)

包装材モンディ、同業DSスミス買収模索か(02/26)

英・EU、北ア通関手続きの免除で合意せず(02/26)

GfK消費者信頼感、2月は上昇(02/26)

欧州の風力発電量、昨年は全体の16%(02/26)

CDP、アトランティア子会社買収で新提案(02/25)

EUワクチン供給、遅延続く アストラゼネカ「予定の半分」(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン