バークレイズ、通期は38%減益=配当再開

英国の金融大手バークレイズは18日、2020年12月期の純利益が15億2,600万ポンドとなり、前期比38%減少したと発表した。コーポレート&投資銀部門が好調だったが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に伴う経済低迷を受け、貸倒引当金が拡大したことが響いた。 税引き…

関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ドラギ首相、コロナ担当委を交代=対策加速(03/03)

金融機関の英拠点移管先、ダブリンが首位(03/03)

機械設備スピーディー、UAE社に資産売却(03/03)

仏、アストラ製ワクチン接種の対象年齢拡大(03/03)

グリーンシルの基金、資産運用GAMも停止(03/03)

スタンチャート、香港で柔軟勤務を常態化へ(03/03)

ワクチン接種、2千万人突破 7月末までに成人全員接種へ(03/02)

トラストパイロット、ロンドンでIPO計画(03/02)

クレディ・スイス、グリーンシルの基金停止(03/02)

英政府、ワクチン展開に16.5億ポンド追加へ(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン