エアバス、通期は赤字縮小

欧州航空・防衛最大手エアバスは18日、2020年12月期の純損失が11億3,300万ユーロとなり、前期の13億6,200万ユーロから赤字がやや縮小したと発表した。1年前は、民間機部門の汚職疑惑などを巡る和解金などに絡み巨額の特別損失を計上したことが大きいが、今年は新型コロナウイルス…

関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏議会、差別懸念も「ヘルスパス」導入可決(05/14)

エールフランスなど、09年墜落事故巡り起訴(05/14)

エンジー、シンガポールで地域冷房受注(05/14)

エアバス、仏工場のA321生産計画を再開(05/13)

ルノー、EVバッテリー交換技術の導入検討(05/13)

仏ICU看護師、賃上げ求めスト=人手不足(05/13)

仏上院、環境巡る憲法改正案を骨抜きに(05/12)

重電アルストム、通期は47.1%減益(05/12)

自動車部品販売PHE、パリ上場を計画(05/12)

仏枯葉剤裁判、原告の訴え棄却(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン