OMV、製油所にグリーン水素施設を新設へ

オーストリアの石油大手OMVは15日、ウィーン南郊のシャウェヒャート製油所に国内最大のグリーン水素電解プラントを建設すると発表した。 新施設は10メガワットのPEM(ポリマー電解質膜)型水電解で年間最大1,500トンのグリーン水素を生産する。生産されたグリーン水素は同製…

関連国・地域: オーストリア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州4団体、顔認識データ社の商慣行に苦情(05/28)

アムステルダムーウィーン間夜行列車が復活(05/26)

ストラバグ、ハンガリーの河港施設着工(05/20)

OMVペトロム、カザフの生産施設を売却(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン