• 印刷する

ルネサス、ダイアログを買収 低電力技術取得でIoTなど強化

ルネサスエレクトロニクスは8日、英国の半導体大手ダイアログ・セミコンダクターの買収で合意したと発表した。買収総額は約49億ユーロ。ダイアログが得意とする低電力やコネクティビティー技術を取得し、モノのインターネット(IoT)や産業、自動車分野の強化を図る。

ダイアログはロンドンに本社を置き、ドイツのフランクフルト証券取引所に上場している。低電力ミックスドシグナル製品のポートフォリオを持ち、カスタム品や顧客側での回路変更が可能なソリューションを長年供給。ルネサスの製品と補完性の高い低電力のコネクティビティー製品も、業界をリードする技術を持つ。

ルネサスは、ダイアログが持つ低電力技術により製品ポートフォリオを強化し、IoT分野での高成長市場に対応する。スマートホームや医療機器などの非接触IoT分野に対応するとともに、自動車分野向けソリューションの充実化を図るほか、エンジニアおよび設計開発技術を拡充することで、新製品の市場投入を効率化する方針だ。

ルネサスは、ダイアログの発行済み・発行予定普通株式1株当たり67.5ユーロを現金で支払う。これは前日終値に20.3%のプレミアムを上乗せした水準。取引はダイアログの株主と関係当局の承認を経て、年末までの完了を見込む。

ルネサスは今回の統合によるシナジー効果として、約2億ドルの増収と約1億2,500万ドルのコスト節減を見込んでいる。

ルネサスは2017年に米インターシル・コーポレーション、19年に米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジーを相次ぎ買収するなど、合併・買収(M&A)を通じた事業拡大を積極的に進めている。[日本企業の動向]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

英、予定通り隔離規制緩和へ 8月16日からワクチン完了者対象(07/30)

乗用車生産、6月は22.1%増加(07/30)

アストラゼネカ、ワクチンで増収も25%減益(07/30)

石油シェル、第2四半期は黒字復帰(07/30)

政府、高温ガス炉の実証プログラム実施へ(07/30)

ホンダ英工場が7月末で閉鎖 36年の歴史に幕、地元への影響大(07/29)

アナドル、食品配達ゲティルと提携協議(07/29)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

英国で7日連続感染減少、専門家も困惑(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン