台湾カルフール、21年売上高は3割増目指す

フランスの小売大手カルフールの台湾法人、台湾家楽福(台湾カルフール)の王俊超総経理は、2021年の売上高を900億台湾元(約32億1,000万ドル)とする目標を示した。前年から約3割増える計算で、同業買収が押し上げ要因の一つとなる。鉅亨網などが伝えた。 台湾カルフールは、香…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

マクロン大統領、エリート養成校を廃止へ(04/12)

仏製造業生産、2月は4.6%減少(04/12)

FMロジスティック、インドで倉庫整備へ(04/12)

仏シトロエン、印で「C5エアクロス」発売(04/12)

ケリング、伊北部に国際物流拠点を新設(04/09)

仏貿易収支、2月は赤字拡大(04/09)

アルストム、フランス国鉄から水素列車受注(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

スエズ、オーストラリア事業売却で合意(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン