• 印刷する

ドイツ銀、通期は黒字復帰 投資銀好調で6年ぶり

ドイツの金融最大手ドイツ銀行は4日、2020年12月期の純利益が6億2,400万ユーロとなり、前年の52億6,500万ユーロの赤字から黒字に復帰したと発表した。投資銀行部門が好調で、市場予想に反して6年ぶりの黒字となった。

業務粗利益は4%増の240億2,800万ユーロ。税引き前利益は10億2,100万ユーロと、1年前の26億3,400万ユーロの赤字からこちらも黒字を回復した。うちコーポレートバンク部門と投資銀部門は共に6倍超に拡大。アセットマネジメント部門は16%の増益となった。一方、プライベートバンク部門は1億2,400万ユーロの損失を計上したものの、赤字が半分以下に縮小している。

貸倒引当金は17億9,200万ユーロと2.5倍に増加。「バーゼル3」全面適用時の普通株式等ティア1レシオ(自己資本比率)は昨年12月末時点で13.6%と、1年前から横ばいだった。

第4四半期に限ると、純利益は1億8,900万ユーロで、前年同期の14億8,300万ユーロの赤字から黒字を回復。業務粗利益は54億5,300万ユーロで2%増えた。税引き前損益は1億7,500万ユーロの黒字に転換している。

クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は「われわれは持続可能な収益性の強固な基盤を築いてきた。厳しい時代ではあるが、こうした好ましい傾向が今年も続くと信じている」とコメント。アナリストらは、同行が今年も黒字を計上すると予想している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アルディ、ポーランドで年内に45店追加へ(04/16)

経済成長率見通しを引き下げ コロナ規制が影響=独5大研究所(04/16)

ワイヤーカード、独連邦検事局と密接な関係(04/16)

独憲法裁、ベルリンの家賃凍結法に無効判決(04/16)

インフレ率、3月は1.7%=改定値(04/16)

香港、独中共同開発ワクチンを追加受領(04/16)

EU、ファイザー製ワクチンを早期受領へ(04/16)

イベコとニコラ、水素輸送で独OGEと提携(04/16)

ドイツ、チェコとの国境管理を終了(04/15)

独のコロナ入院患者、若年化の懸念(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン