製薬GSK、第4四半期は44%減益

英国の製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は3日、2020年第4四半期(10~12月)の営業利益が10億6,100万ポンドとなり、前年同期から44%縮小したと発表した。再評価に伴う債権の減少や資産売却益の縮小、大規模な事業再編コストなどが響いた。 売上高は恒常為替レートベ…

関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

CVC、東芝買収の検討中断 非公開化巡り「ガイダンス待つ」(04/21)

英国、インドを渡航禁止リストに追加(04/21)

市場調査カンター、米競合買収で合意(04/21)

食品ABフーズ、上半期は50%減益(04/21)

失業率、2月は4.9%に改善(04/21)

フィリピン、英ワクチン接種再開=60歳未満(04/21)

デジタル通貨導入へ作業部会 英中銀と財務省、リスク見極め(04/20)

J・マッセイ、フィンランドにEV素材工場(04/20)

アーム買収計画、英政府が介入=当局調査へ(04/20)

北ア通商問題、一部製薬会社が供給中止も(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン