総合電機シーメンス、第1四半期は38%増益

ドイツの総合電機大手シーメンスは3日、第1四半期(2020年10~12月)の純利益が14億9,800万ユーロとなり、前年同期比38%増加したと発表した。新型コロナウイルスの影響にもかかわらず、足元のドイツと中国で好調な伸びを見せ、市場予測を上回った。 売上高は3%増の140億7,10…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

下院、ワクチン接種者の規制緩和法案を可決(05/10)

緑の党の首相候補、積極的な外交政策を提唱(05/10)

鉱工業生産、3月は2.5%増加(05/10)

貿易収支、3月は黒字縮小(05/10)

BMWとフォード、全固体電池の米社に投資(05/10)

BMW、第1四半期は約5倍に増益(05/10)

シーメンス、第2四半期は3倍超に増益(05/10)

昭和電工、インフィニオンにSiC供給(05/10)

気候変動対策の強化法案公表 独政府、45年までの目標を明示(05/07)

自動車VW、第1四半期は5倍超に増益(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン