• 印刷する

GSK、ワクチン共同開発へ キュアバックと来年の実用目指す

英国の製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は3日、独バイオ医薬品会社キュアバック(CureVac)と、新型コロナウイルスのワクチン候補の開発で提携すると発表した。

両社は複数の変異株に対して有効性を持つ、次世代のメッセンジャーRNA(リボ核酸、mRNA)ワクチンの開発に1億5,000万ユーロを投じる。関係当局の承認を経て、2022年の市場投入を目指す。

GSKは7,500万ユーロの前金を支払い、新ワクチン候補のスイス以外の国での製造販売業者となるほか、ドイツとオーストリア、スイス以外の国での開発・製造・販売の独占的権利を取得する。さらにマイルストーン(事前に取り決めた目標を達成したときに支払われる一時金)として7,500万ユーロを支払う。

新たなワクチン候補の開発は、キュアバックが開発した第1世代のワクチン候補「CVnCoV」をベースに進める。CVnCoVは現在、第2b、3相試験の段階にある。 GSKは、年内にこのワクチン候補1億回分の生産を支援する。

両社は昨年7月、戦略的提携を締結。GSKはキュアバックの株式約10%を1億3,000万ポンドで取得するとともに、ワクチンに用いられるmRNA技術の開発資金1億400万ポンドを提供すると発表していた。


関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州航空・鉄道論】スペイン高速鉄道網、世界初の3社競合 オープンアクセスで伊企業も参入(12/09)

クロアチア、来年からシェンゲン圏入り(12/09)

ハンガリー政府、燃料価格の上限設定を撤廃(12/09)

独、グリーン水素輸入へ初の入札開始(12/09)

欧州委、対露制裁の第9弾を提案(12/09)

欧州企業、トラック排出規制の厳格化要請(12/09)

EU当局、英国離脱後の金融監督機関を評価(12/09)

EU、R&D支援に約135億ユーロ投資(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン