サノフィ、比の地裁が幹部3人に逮捕状

フィリピンのマニラ首都圏ケソン市の地方裁判所は、フランスの製薬大手サノフィのデング熱ワクチン「デングワクシア(Dengvaxia)」の投与で死者が出た問題で、新たに同社の幹部3人に逮捕状を出した。マニラタイムズが伝えた。 サノフィの幹部らを訴えている原告の法定代理人を務…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

マクロン大統領、エリート養成校を廃止へ(04/12)

仏製造業生産、2月は4.6%減少(04/12)

FMロジスティック、インドで倉庫整備へ(04/12)

仏シトロエン、印で「C5エアクロス」発売(04/12)

仏貿易収支、2月は赤字拡大(04/09)

ケリング、伊北部に国際物流拠点を新設(04/09)

アルストム、フランス国鉄から水素列車受注(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

スエズ、オーストラリア事業売却で合意(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン