• 印刷する

コメルツ銀、2024年までに1万人整理

ドイツの金融大手コメルツ銀行は1月28日、2024年までに従業員1万人を整理する方針を明らかにした。国内では人員の3分の1を削減する。デジタル化を含む事業再編の一環で、支店は340店閉鎖する計画だ。同行は20年12月通期の業績が、10年超ぶりに赤字に転落するとの見通しを示している。

コメルツ銀は事業モデルのデジタル化に注力して、24年までにコストを20年の2割に当たる14億ユーロ削減し、収益性の改善を目指す。これに伴い、支店は790店から450店に減らす方針だ。同行の監査役会は、2月3日にこの計画について協議し、11日に詳細を発表する見通し。

コメルツ銀は昨年、2,900人を整理する方針を示していたが、今回の数字にこれが含まれるかどうかは明らかにしていない。従業員数は、昨年9月末時点で3万9,600人だった。

同行は長年、低金利とコスト増大、収益の伸び悩みに苦戦していた。20年第3四半期(7~9月)の決算では、新型コロナウイルス危機による収入減に加え、国内中小企業の相次ぐ倒産を受けた貸倒引当金の積み増しが響き、6,900万ユーロの純損失を計上している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独ビルケンシュトック、仏投資会社が買収(03/01)

ボーダフォンの電波塔会社、ドイツで上場へ(03/01)

ドイツ銀、支店閉鎖で最大450人削減か(03/01)

通信ドイツテレコム、通期は40.6%増益(03/01)

化学BASF、通期は赤字転落(03/01)

ボッシュ、インド南部拠点を改修へ(03/01)

米ファイザー製ワクチン、有効性は94%(02/26)

仏、独と国境接するモゼル県で規制厳格化(02/26)

バイエル、通期は105億ユーロの赤字に転落(02/26)

ミュンヘン再保険、通期は55.3%減益(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン