ラトビア、封鎖措置を2月7日まで延長へ

ラトビア政府は19日、現在実施されている新型コロナウイルスの封じ込め策を2月7日まで延長する方針を発表した。週末にかけての夜間外出制限を継続するほか、1月25日からは一部学年を遠隔授業に移行するという。正式な決定は21日に下される予定。 2月7日まで、薬局やガソリン…

関連国・地域: ラトビア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ラトビア政府、主要港国営化法案を閣議決定(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン