ナゴルノ紛争当事国、停戦後初の首脳会談

アゼルバイジャンのアリエフ大統領とアルメニアのパシニャン首相は11日、ロシアのプーチン大統領の仲介により、昨年11月の停戦後初の会談を行った。3カ国首脳は、両国間の紛争の火種となっているナゴルノ・カラバフ自治州の開発を巡る合意文書に署名した。ロイター通信などが伝え…

関連国・地域: ロシアアルメニアアゼルバイジャン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ナゴルノ紛争当事国、停戦後初の首脳会談(01/13)

アドリア海横断ガス導管、欧州にガス到着(01/05)

アゼルバイジャン、サウジ社と発電所契約(01/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン