米サイバー攻撃、露のハッカー集団が関与か

ロシアのセキュリティー企業カスペルスキー(Kaspersky)は11日、米国のIT(情報技術)企業ソーラーウインズを標的とした先のサイバー攻撃に使用された未知のマルウエアと、既存のマルウエアに類似性があると明らかにした。これにより、ロシアのハッカー集団の関与が疑われている…

関連国・地域: ロシア米国
関連業種: IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

露、クリミア海域で英駆逐艦に威嚇射撃か(06/25)

ガスプロム、欧州向け天然ガス供給を制限か(06/25)

エンプラス、UAEムバダラに少数株売却(06/25)

EU、ロシアと首脳会議も 関係改善へ独仏が提案(06/25)

ステランティスとRZD、ジェフコを売却へ(06/24)

ガスプロムネフチ、コークス化設備を建設へ(06/23)

露中銀、金融オトクリティエのIPO計画(06/22)

エア・リキード、シベリア新工場が稼働(06/22)

モスクワで感染拡大=政府は未接種者を非難(06/21)

米露首脳会談、具体的前進少なく(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン