• 印刷する

マクロン大統領がコロナ感染 接触した欧州首脳陣も自主隔離へ

フランスのエリゼ宮(大統領府)は17日、マクロン大統領が新型コロナウイルス検査で陽性と診断されたと発表した。現時点で感染経路は不明だという。同大統領は1週間の自主隔離に入るが、遠隔で公務を継続する。

マクロン氏は初期症状が出た時点で、PCR検査を受けた。感染経路については、現在追跡が進められている。

同大統領は、今後7日間の自主隔離に入る。遠隔で公務は続けるが、22日のレバノン訪問を含め、予定されていた全ての国外訪問は中止となった。

マクロン氏と数日前に接触したカステックス首相、スペインのサンチェス首相、ミシェルEU大統領も自主隔離する意向を示している。

フランスでは15日に外出禁止令が解除されたばかり。一方で、文化施設は閉鎖継続となり、新たに夜間外出禁止令が導入されている。


関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エールフランス、トタルから持続可能燃料(12/06)

トタル、カザフ・タンガ油田の権益売却(12/05)

トタル、北海への投資縮小 英の超過利潤税で25%削減(12/05)

仏米首脳会談、露侵攻と米産業補助金に焦点(12/05)

ステランティス、仏5労組が賃上げ交渉(12/05)

仏製造業生産、10月は2%減少(12/05)

半導体STマイクロ、ソイテックと提携強化(12/02)

仏GDP、第3四半期は0.2%拡大=改定値(12/02)

仏新車登録台数、11月は9.8%増加(12/02)

アリアンスペース、衛星5基の打ち上げ受注(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン