クウェート、米独社のワクチン承認

クウェート保健省は13日、米国の製薬大手ファイザーとドイツのバイオ医薬品会社ビオンテック(BioNTech)が共同開発した新型コロナウイルスワクチン「BNT162b2」の緊急使用を承認した。当局の声明を元に、通信社ザウヤなどが伝えた。 それによると、医薬品登録・監督部門と公衆…

関連国・地域: ドイツ米国中東
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

独ビルケンシュトック、仏投資会社が買収(03/01)

ボーダフォンの電波塔会社、ドイツで上場へ(03/01)

ドイツ銀、支店閉鎖で最大450人削減か(03/01)

通信ドイツテレコム、通期は40.6%増益(03/01)

化学BASF、通期は赤字転落(03/01)

ボッシュ、インド南部拠点を改修へ(03/01)

米ファイザー製ワクチン、有効性は94%(02/26)

仏、独と国境接するモゼル県で規制厳格化(02/26)

バイエル、通期は105億ユーロの赤字に転落(02/26)

ミュンヘン再保険、通期は55.3%減益(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン