カザフスタン、年内に露ワクチンの生産開始

カザフスタン政府は4日、ロシアで開発された新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクV」の生産を開始し、来年から大規模接種を実施すると発表した。大統領府の発表を元に、ロイター通信などが伝えた。 それによると、同国は12月22日にスプートニクVの生産を始める。国民へ…

関連国・地域: ロシアカザフスタン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

カザフスタン議会選、与党が圧勝(01/12)

カザフスタン、死刑制度を廃止(01/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン