インフィニオン、シンガポールでAI導入

ドイツの半導体大手インフィニオンテクノロジーズは、シンガポールを人工知能(AI)の業務活用の国際拠点にする。向こう3年間で2020万米ドルを投じて従業員の研修などを実施し、全業務でAIを採用していく計画だ。 同社のアジア太平洋部門のチュア・チーソン社長によると、2,…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

封鎖措置を2月半ばまで延長 ドイツ、マスク着用義務など強化(01/21)

生産者物価、12月は0.2%上昇(01/21)

独政府、州政府と規制再延長などで合意か(01/20)

独マーレなど3社、ハンガリー拠点に投資(01/20)

ドイツで新たな変異種を確認=感染力不明(01/20)

コンチネンタル、独中部工場で450人整理(01/20)

ティッセン、鉄鋼事業のスピンオフ検討か(01/20)

GDPR違反の罰金総額、過去1年は4割増(01/20)

ビルケンシュトック、投資CVCに身売りか(01/20)

独景気期待指数、1月は改善(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン