CIP、台湾で浮体式洋上風力発電を提案

デンマークの大手年金基金コペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ(CIP)は、台湾に浮体式洋上風力発電所の開発に着手し、競争力を高めるよう呼び掛けた。経済日報が伝えた。 CIPのジェスパー・ホルスト台湾地区執行長は、台湾の洋上風力発電開発の第3段階…

関連国・地域: デンマークアジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

世界の住宅価格、底打ちか=OECD(02/27)

ノボノルディスクのタイ現法、11億ドル投資(02/26)

デンマーク、世界初の農家向け炭素税導入も(02/23)

欧州の風力発電、老朽化への対応が急務に(02/23)

独首相、ラインメタル新工場の起工式出席(02/14)

海運マースク、大幅減益=紅海危機など影響(02/09)

電力オーステッド、最大800人を整理(02/08)

風力発電機ベスタス、通期は黒字回復(02/08)

ノボノルディスク、米同業の施設買収で合意(02/06)

マースクライン、上海の新物流拠点を稼働(02/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン