中国・長城汽車、露エンジン工場が着工

中国の自動車メーカー、長城汽車(河北省保定市)は、ロシアでエンジン工場の定礎式を行った。年産能力は8万台で、2022年末の稼働を目指す。 エンジン工場は、首都モスクワ南郊のトゥーラ州ウズロバヤ(Uzlovaya)工業団地に位置する。敷地面積は1万平方メートル超で、300人以上…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トルコと伊、2国間協力協定9件を締結(07/07)

ノリリスク、ルサールと合併協議を開始(07/07)

独VW、露生産拠点を1カ所閉鎖へ(07/07)

ロシア、インドネシアに原発建設の支援提案(07/07)

中国、ロシア産石炭輸入を倍増=豪産に痛手(07/07)

ウクライナ首相「復興には7500億ドル必要」(07/06)

独、エネ企業救済へ法案策定 政府による株式取得で破綻を阻止(07/06)

ガスプロム、LNGのルーブル決済提案(07/06)

独政府、エネルギー集約型企業に補助金提供(07/06)

「サハリン2」の資産移管、日本が説明要求(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン