ノルドストリーム2、独EEZで敷設再開も

ロシア産ガスをバルト海経由で欧州に輸送する新パイプライン「ノルドストリーム2」の運営会社は11月28日、12月中にドイツの排他的経済水域(EEZ)で敷設を再開する計画を明らかにした。建設作業は、米国による制裁を受け、昨年末から止まっている。タス通信などが伝えた。 ノ…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

OPECプラス、現行の協調減産ほぼ維持(03/08)

ロシア新車販売、2月は0.8%増加(03/08)

EU、ロシア製ワクチンの逐次審査を開始(03/08)

米、ウクライナ問題巡る対露制裁を1年延長(03/05)

ノリリスク、鉱山の地下水流入問題で協議へ(03/05)

外食チェーンのドド、2024年にIPO実施も(03/05)

米・EU、ナワリヌイ氏問題で対露制裁発動(03/04)

スロバキア政権、露ワクチン巡り連立崩壊も(03/04)

モスクワ地下鉄、顔認証決済システム導入へ(03/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン