監査当局、EYの違法性の疑いを検察に報告

ドイツの決済サービス大手ワイヤーカード・グループの不正会計疑惑を巡り、同国の決算監査人監督局(APAS)は、大手会計事務所アーンスト&ヤング(EY)の監査業務に違法性があった可能性があるとして、検察当局に通知していたもようだ。この問題でEYの刑事責任が指摘され…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏、公共の場での医療水準マスク着用義務化(01/27)

独、ノルドストリーム2計画続行を再表明(01/27)

スペイン、排ガス不正でVWに賠償命令(01/27)

リバティ、ティッセン鉄鋼事業取得で再提案(01/27)

無人機ウイングコプター、2千万ドル調達(01/27)

商船三井、ユニパー向けLNG船が竣工(01/27)

ノルドストリーム2、敷設船が作業を再開(01/26)

独、自動車向け半導体不足で台湾に支援要請(01/26)

ベルリン農相会合、76カ国が食料確保で協議(01/26)

独建材ハシト、ルーマニアで新拠点取得か(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン