• 印刷する

EU、グリーン投資基準で排ガス基準厳格化も

欧州委員会は20日、環境面での持続可能性に基づいて投資を分類する「欧州連合(EU)タクソノミー規則」の分類基準案を公表した。自動車メーカーの事業活動がグリーン投資の対象として認められるためには、車両の二酸化炭素(CO2)排出量を現行基準以下に削減する必要があり、自動車業界は反発している。

「EUタクソノミー規則」の分類基準案は、意見公募を経て年内に成立し、2021年末に適用が開始される見通し。欧州委は、投資会社や年金基金、金融機関などの民間投資家に対し、同基準に基づく投資内容の情報開示を義務付けることにより、サステナブル・ファイナンスを促すことを狙っている。

今回公表された基準案によると、乗用車および重量3.5トン未満の商用車の製造事業がグリーンな投資対象として認められるのは、生産する車両のCO2排出量が走行距離1キロメートル当たり50グラム未満の場合のみ。これは、EUの現行の排ガス規制で定められたCO2排出量の上限である走行距離1キロメートル当たり95グラムよりも厳しい。

さらに26年以降は、ゼロ排出車のみがグリーン投資対象となり、ハイブリッド車(HV)は除外される。

欧州自動車製造工業会(ACEA)は、「自動車業界が車両のクリーン化に向け追加資金を必要とする中、こうした規則により投資が妨げられれば逆効果になる」と反発している。

なお、今回の分類基準案では、天然ガス火力発電所についても、CO2排出量を1キロワット時当たり100グラム以下に抑えない限りグリーン投資として認めていない。ポーランドをはじめとする東欧のガス火力発電所の排出量はこの3倍以上に上るため、これらの国で事実上、ガスを締め出す格好となる。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EU域内渡航規制を厳格化 欧州委、事前検査など義務付けへ(01/27)

マスターカード、英EU間の手数料引き上げ(01/27)

【欧州企業よもやま話】第323回:ストーク 特別な「感謝」でロングセラー(01/27)

欧州委、29億ユーロの電池研究補助を承認(01/27)

欧州商用車登録台数、2020年は19.4%減少(01/27)

感染者数、英は縮小もスペインは週末最多に(01/27)

欧州委、ワクチン輸出の事前報告義務付けへ(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン