• 印刷する

ワクチン治験で95%の効果 米独社、当局に使用許可申請へ

米国の製薬大手ファイザーとドイツのバイオ医薬品会社ビオンテック(BioNTech)は18日、両社が開発を進める新型コロナウイルスワクチン「BNT162b2」の第3相臨床試験で95%の有効性が確認されたと発表した。また、安全面での基準も満たされたため、数日中に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請するとしている。

両社が先に公表した第3相臨床試験の初期分析では、有効性は90%以上とされていたが、今回の最終分析により、これをさらに上回る好結果が確認された格好となる。

第3相臨床試験は7月下旬に開始され、世界各地の4万3,661人が参加。うち半数には「BNT162b2」、残りの半数には偽薬の接種が2回ずつ行われた。最終分析によると、参加者のうち170人がこれまでに新型コロナウイルス感染症(COVID19)を発症。このうち162人は偽薬の接種を受けた人で、ワクチン接種者は8人のみだった。また、年齢や性別、人種による有効性の差はなく、65歳以上での有効性は94%超だった。

両社は年内に5,000万回分、来年末までには最大13億回分のワクチンを生産する計画。両社は英政府とは同ワクチン4,000万回分、欧州委員会とは最大3億回分の供給契約を結んでいる。同ワクチンは、マイナス70度での保管が必要だが、輸送用の保冷箱で最大15日、通常の冷蔵庫でも最大5日間は保存できる。

新型コロナワクチンを巡っては、米国のバイオ医薬品会社モデルナ(Moderna)も16日、第3相試験の初期分析により94.5%の有効性が示されたと明らかにしていた。こちらはマイナス20度で最長半年間の保存が可能。

ファイザーおよびビオンテックとモデルナのワクチンは、いずれもメッセンジャーRNA(リボ核酸、mRNA)を使用する。新型コロナウイルスの表面を模倣して免疫システムにこれを認識するよう教え、ウイルスを中和させる抗体を作り出す。このタイプのワクチンは、他のタイプに比べ開発・生産にかかる時間が短いとされる。ほかに、ドイツのバイオ医薬品会社キュアバック(CureVac)も同タイプのワクチン開発に取り組んでいる。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、チェコとの国境管理を終了(04/15)

独のコロナ入院患者、若年化の懸念(04/15)

最高裁、VWにローン金利含めた補償命令(04/15)

独当局、ワッツアップの情報共有阻止へ(04/15)

リンデ、南ア社と持続可能な航空燃料生産(04/15)

欧州7カ国、化石燃料の輸出保証停止へ(04/15)

独で日系企業狙いの詐欺電話・メールが横行(04/15)

パスポートランキング、欧州首位はドイツ(04/15)

連邦政府、規制の権限強化へ 州から移管する法案を閣議決定(04/14)

与党CDU、ラシェット党首を首相候補に(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン