海運マースク、第3四半期は2.5倍弱に増益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは18日、第3四半期(7~9月)の継続事業ベースの純利益(特別損益除く)が10億4,300万ドルとなり、前年同期から2.5倍弱に増加したと発表した。予想を上回る需要の回復が見られ、運賃の上昇やコスト削減などが後押しした。 売上高は1.…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

玩具レゴ、ハンガリー北東部の工場拡張へ(06/22)

決済ネクシ、デンマークのネッツと合併(06/18)

コカ・コーラ、ハンガリーで紙容器試験導入(06/17)

エクイノール、デンマーク製油事業を売却(06/14)

フライング・タイガー、200店舗増設へ(06/11)

議会、コペンハーゲン沖の人工島建設を承認(06/08)

議会、難民申請者の第三国移送法案を可決(06/07)

デンマーク空軍、電気飛行機を導入=世界初(06/07)

フライング・タイガー、サウジ社と契約(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン