海運マースク、第3四半期は2.5倍弱に増益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは18日、第3四半期(7~9月)の継続事業ベースの純利益(特別損益除く)が10億4,300万ドルとなり、前年同期から2.5倍弱に増加したと発表した。予想を上回る需要の回復が見られ、運賃の上昇やコスト削減などが後押しした。 売上高は1.…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ダンフォス、インド工場拡張に投資(11/23)

ノボノルディスク、上海に新会社設立へ(11/23)

ブレーキのブレンボ、デンマーク同業を買収(11/19)

デンマーク、ミンク殺処分巡り農相が辞任(11/19)

海運マースク、第3四半期は2.5倍弱に増益(11/19)

保険RSA、同業2社の買収提案受け入れ(11/19)

デンマーク、ミンク殺処分に法的根拠なし(11/12)

英BPなど、ドイツでクリーン水素開発へ(11/11)

英政府、デンマーク経由の入国を禁止(11/10)

ノボノルディスク、経口薬技術の米社買収(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン