ロシア製ワクチン、中国・印で生産開始へ

ロシアで開発された新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」が、中国とインドで生産されるもようだ。プーチン露大統領が17日、オンラインで開催された新興5カ国BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)サミット(首脳会議)の中で明かした。 ロシア通信な…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EU、ハンガリーの露製ワクチン使用に懸念(11/23)

ガスプロム、セルビアの製油所に新施設(11/20)

ロシア6機関、水素技術コンソーシアム結成(11/19)

ロシア製ワクチン、中国・印で生産開始へ(11/19)

ネット企業Mail.ru、クラウドゲーム市場参入(11/18)

露、スーダンに海軍拠点設置へ=アフリカ初(11/18)

露、ナワリヌイ氏巡り独仏に報復制裁へ(11/16)

eコマースのオゾン、米でIPOへ(11/16)

ハンガリー、露製ワクチン治験へ=欧州初(11/16)

モスクワ、飲食店の夜間営業を2カ月間禁止(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン