独当局、鳥インフルで七面鳥1.6万羽殺処分

ドイツの保健当局は16日、東部リューゲン島の農場で鳥インフルエンザウイルスが見つかったことを受け、七面鳥1万6,100羽の殺処分を命じたと発表した。 北東部メクレンブルクフォアポンメルン州フォアポンメルンリューゲン郡の当局者によると、検出されたウイルスは高病原性のH5…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ダイムラーと吉利、HV向けエンジンで協業(11/23)

EU、年内にワクチン承認も 臨床試験で有効性90%以上の2種(11/23)

生産者物価、10月は0.7%低下(11/23)

ダイムラー、「マイバッハ」の販売倍増へ(11/23)

VW、中国・一汽集団と輸入車などで覚書(11/23)

BASF、ベトナム合弁が原料の生産停止(11/23)

ワイヤーカード前CEOが召喚 独議会の公聴会、答弁は一切拒否(11/20)

サンエクスプレス、中央席空けるオプション(11/20)

鉄鋼ティッセン、通期は黒字復帰(11/20)

独連銀総裁、気候変動策の社債購入を否定(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン