• 印刷する

アップル、欧州団体が追跡ツールに申し立て

欧州のプライバシー保護団体noybは16日、米アップルのスマートフォン「アイフォーン(iPhone)」に組み込まれているオンライン追跡ツールが欧州連合(EU)のプライバシー保護ルールに違反しているとして、ドイツとスペインのデータ保護当局に苦情を申し立てたと発表した。

同団体が問題視しているのは、広告識別子 (IDFA)と呼ばれる各端末の固有の追跡コード。アイフォーンの基本ソフト(OS)「iOS」が生成し、各端末に保存されるもので、アップルや広告主などの第三者はこれを利用して、ユーザーのアプリ使用状況やオンライン行動を追跡できる。

noybは、IDFAがユーザーの同意を得ず無断で生成されていることがEUの電子プライバシー指令に反するとして、苦情を申し立てた。またアップルはかねて、アイフォーンの新機種ではプライバシー保護に配慮し、IDFAシステムを改良するとしているが、同団体はこうした変更も「不十分」としている。

今回の苦情申し立ては、EUの「一般データ保護規則」(GDPR)ではなく、「電子通信プライバシー指令」に基づいて行われた。このため加盟各国の当局は、違反が認められれば、EU当局の関与なしに直接、アップルに罰金を科すことができる。

同団体は、米フェイスブック(FB)に対する2件のプライバシー保護訴訟で勝訴した実績を持つ。[EU規制]


関連国・地域: ドイツEUスペイン米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン