コンチネンタル、生え抜き幹部がCEO昇格

ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは12日、新最高経営責任者(CEO)にニコライ・セッツァー氏(49)を指名すると発表した。12月1日付で就任する。 セッツァー氏は勤続23年の生え抜き。国内外で開発や販売のさまざまな役職を歴任。2009年からタイヤ事業の責任者と…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、追加の規制強化も 感染者数高止まりで政府に焦り(01/18)

露ワイルドベリーズ、ドイツでサービス開始(01/18)

独コンチネンタル、セルビアに新工場開設へ(01/18)

独の鉄道IT新興企業、8千万ドル調達(01/18)

シーメンス、エジプトで高速鉄道敷設を受注(01/18)

コンチネンタル、専用眼鏡不要3Dナビ発表(01/18)

メルセデス、昨年は中国販売台数が過去最高(01/18)

VW、融資手続き代行のインド社買収(01/18)

セバファルマ、インド社が広告巡り提訴も(01/18)

ドイツ経済、20年は5%縮小 下げ幅は金融危機時より小幅(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン