ボルタリア、ヨルダン発電所の権益取得

再生可能エネルギーを手掛けるフランスのボルタリア(Voltalia)は5日、ヨルダンの4カ所にある太陽光発電所の権益70%を取得すると発表した。総設置容量は57メガワットに上る。 権益を取得するのは、南部マアーン県にある容量11メガワットの3つの発電所と、北東部マフラク県の…

関連国・地域: フランス中東
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

米グーグル、仏新聞団体と著作権枠組み合意(01/22)

仏郵便ジオポスト、ブルガリア同業買収へ(01/22)

仏政府、スキー場リフトの2月再開を断念(01/22)

シュナイダー、UAE社とエネ分野で提携(01/22)

国際高速鉄道ユーロスター、経営破綻も(01/21)

仏の新型コロナ感染者、累計300万人に迫る(01/20)

魚介類載せたトラック、輸出遅延で抗議デモ(01/20)

パリの空港利用者数、2020年は69.4%減少(01/20)

スエズ、スペイン同業を完全子会社化(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン