• 印刷する

新車登録台数、10月は3.6%減少

ドイツ連邦陸運局(KBA)は4日、10月の新車登録台数が27万4,303台となり、前年同月比3.6%減少したと発表した。前月の8.4%増から再びマイナスに転じた。

メーカー別に見ると、ドイツ車はフランスのグループPSA傘下のオペルが22.6%拡大。一方、フォルクスワーゲン(VW)は17%落ち込んだ。

高級車はBMWが14.4%縮小。ダイムラー傘下の「メルセデス・ベンツ」は2.7%、超小型車「スマート」は34.9%それぞれ減った。ポルシェも19%のマイナス。半面、VW傘下のアウディは23.1%のプラスだった。

外国メーカーは米国のフォードが25.9%減らし、テスラは14%縮小。一方、フランス勢はルノーが27.9%増え、プジョーの姉妹ブランドのシトロエンは前年を1.1%上回った。

日本勢は、トヨタ自動車(レクサス除く)が10.3%増加。スバルも10.5%拡大している。一方、マツダは38.6%減少。三菱自動車は24.5%縮小し、スズキは3.7%、ホンダは3.2%それぞれ落ち込んだ。日産自動車は2.8%減っている。

燃料別ではガソリン車が全体の42.1%を占め、販売台数は29.8%のマイナス。ディーゼル車のシェアは26%で、販売台数は18.9%減った。ハイブリッド車(HV)と電気自動車(EV)の販売台数はそれぞれ2.5倍弱、4.5倍超に拡大している。

1~9月の累計登録台数は全体で231万6,134台となり、1年前から23.4%減っている。

■輸出は2%減

ドイツ自動車工業会(VDA)によると、加盟メーカーの10月の輸出台数は27万6,600台となり、前年同月比で2%減少。生産台数も2%減の38万2,300台だった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、封鎖措置の延長検討 週内の協議で最終方針決定(11/24)

ドイツ、12月にもワクチン接種を開始(11/24)

シーメンスとドイツ鉄道、水素列車を開発へ(11/24)

アストラゼネカのワクチン、70%の有効性(11/24)

BASF、バッテリー材料工場で起工式(11/24)

11月は分岐点割れ ユーロ圏PMI速報値(11/24)

独電力RWE、英風力発電施設の権益売却(11/24)

ダイムラーと吉利、HV向けエンジンで協業(11/23)

EU、年内にワクチン承認も 臨床試験で有効性90%以上の2種(11/23)

生産者物価、10月は0.7%低下(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン