• 印刷する

ウィーンで銃撃、4人死亡=テロとして捜査

オーストリアの首都ウィーンの中心部で2日午後8時ごろ(現地時間)、複数の銃撃が発生し、4人が死亡、22人が負傷した。発砲した複数の男のうち1人は警察が射殺したものの、他にも武装した容疑者が逃走中である可能性が高いとして、市民に警戒を呼び掛けている。警察当局は、イスラム原理主義者によるテロ攻撃とみて捜査を進めている。

銃撃は、バーやレストランが立ち並ぶ繁華街の6カ所で発生した。付近にシナゴーグ(ユダヤ教会堂)があるが、これが銃撃の標的となったかは不明。警察は周辺の道路を封鎖し、中心部には近づかないよう市民に呼び掛けているほか、できる限り子供を自宅にとどめるよう促している。

警察に射殺された男は20歳で北マケドニア出身。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に加入するためシリアに渡航しようとして捕らえられ、昨年12月に釈放されていた。警察は今回の銃撃に絡み、この男に関係しているとみられる14人を逮捕している。

オーストリア政府は銃撃を「自由と民主主義への攻撃」として非難している。


関連国・地域: オーストリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

オーストリア、都市封鎖を2月7日まで延長(01/19)

IT戦略のクアント、マレーシア社と提携(01/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン