製薬GSK、第3四半期は13%減益

英国の製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は28日、第3四半期(7~9月)の営業利益が18億5,800万ポンドとなり、前年同期比13%減少したと発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に伴い、ワクチンの接種率が下がったことなどが響いた。同社は一方で、…

関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英新車登録、4月は大幅回復 コロナ規制の反動大きく(05/06)

スコットランド議会選、SNP過半数割れか(05/06)

イケア、英で製品買い戻し開始=中古販売へ(05/06)

テスコ、健康的な食品販売を中欧などに拡大(05/06)

マレーシア、英製ワクチンの任意接種実施(05/06)

香港、英国発の旅客便乗り入れ再開か(05/06)

サッカー欧州決勝戦、観客最大9500人動員へ(05/05)

英首相、印との大型貿易・投資契約を発表(05/05)

英領北アの最大政党、党首選実施へ(05/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン