トタル、南ア沖で再び大型ガス田発見

フランスの石油メジャーのトタルは28日、南アフリカ沖で大型ガス田を発見したと発表した。同国南岸からおよそ175キロメートル沖合のウテニカ(Outeniqua)海盆に位置する11B/12B鉱区の海底3,400メートル付近で、厚さ73メートルのガス・コンデンセート層に到達した。同鉱区での発…

関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

オートリブ、ルーマニアなどに生産移管へ(11/27)

ルノー、フラン工場をリサイクル拠点に(11/27)

仏国務院、モスク閉鎖命令の撤回要求を棄却(11/27)

ユーロスター、英政府に支援要請(11/27)

仏消費者信頼感、11月は悪化(11/27)

ディズニーランド・パリ、2月まで閉園継続(11/27)

仏政府、封鎖措置の3段階緩和策を正式公表(11/26)

仏、デジタル税の徴収開始=米企業に通知書(11/26)

EU、モデルナのワクチン1.6億回分購入(11/26)

KLM、短距離飛行の代替に鉄道利用促進(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン