トタル、南ア沖で再び大型ガス田発見

フランスの石油メジャーのトタルは28日、南アフリカ沖で大型ガス田を発見したと発表した。同国南岸からおよそ175キロメートル沖合のウテニカ(Outeniqua)海盆に位置する11B/12B鉱区の海底3,400メートル付近で、厚さ73メートルのガス・コンデンセート層に到達した。同鉱区での発…

関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

仏国務院、失業保険改定の発効停止を命令(06/24)

アテネ地下鉄延伸、今夏に着工へ(06/24)

オランダ、仏などへの渡航制限を解除(06/24)

東京海上日動、フィンテックのセサムと協業(06/24)

6月は過去15年で最高 ユーロ圏総合PMI速報値(06/24)

ステランティスとRZD、ジェフコを売却へ(06/24)

仏上院、風力発電計画の拒否権巡る法案可決(06/23)

アクサ、マレーシア事業を伊ゼネラリに売却(06/23)

フランスなどでナイトクラブ再開の動き進む(06/23)

エシロールルクソティカ、買収計画を見直し(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン