ベアリングのSKF、第3四半期は16%減益

ベアリング(軸受け)で世界最大手のSKF(スウェーデン)は27日、第3四半期(7~9月)の営業利益が19億2,200万クローナ(2億2,000万ドル)となり、前年同期比16%減少したと発表した。足元の欧州や北米が不振だった。 売上高は185億9,600万クローナと、継続事業・恒常為替…

関連国・地域: スウェーデン
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

イケア、フィリピン1号店準備=500人雇用(11/24)

ABB、3事業の売却・分社化などを検討(11/20)

エリクソンのCEO、政府の華為除外を批判(11/19)

ボルボ、中国サプライヤーが生産拠点設置へ(11/19)

スウェーデン、集会人数を8人に制限(11/18)

イケア親会社、インドにモール型店舗設置へ(11/18)

SSAB、印タタのオランダ資産取得を協議(11/17)

独政府、脱原発の補償制度見直しへ(11/17)

北欧2カ国、再生エネが18テラワット時拡大(11/16)

スウェーデン当局、銀行の配当再開を許可も(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン