• 印刷する

伊、飲食店の営業制限=スペインは外出禁止

イタリア政府は25日、新型コロナウイルスの再流行を受けて、飲食店の営業時間を制限するなどの新たな規制を導入した。5月に全国的なロックダウン(都市封鎖)を解除して以来、最も厳しい措置となる。また、スペイン政府は非常事態宣言を改めて発令し、全国的な夜間外出禁止などの措置を取る。

イタリアでは26日から、全てのバーやレストランが午後6時までに営業を終了する。ジムやプール、劇場、映画館は営業停止となるが、小売店やその他の職場は閉鎖対象ではない。学校の大半はオンライン授業に切り替えられる。国民は通勤や通学、通院など以外の不要不急の用事で居住地域を離れないよう求められる。この措置は1カ月続く。

スペイン政府は25日、カナリア諸島を除く全土に非常事態宣言を発令。これにより午後11時から午前6時までの外出が禁止される。地方自治体の判断で、地域間の移動を禁止することも可能となる。

非常事態宣言は15日間有効だが、サンチェス首相は6カ月に延長することを議会に提案する方針。同首相は、パンデミック(世界的流行)発生時のようなロックダウンは避けたい考えで、可能な限り自宅にとどまるよう国民に呼び掛けている。


関連国・地域: EUイタリアスペイン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EUの新排出削減目標、効果には疑問も <連載コラム・環境フォーカス>第54回(05/14)

欧州委、伊のアリタリア4度目の支援を承認(05/14)

欧州航空各社、テルアビブ便欠航=軍事衝突(05/14)

IEA、世界原油需要見通しを引き下げ(05/14)

キルギス、EUと日本が水道整備を支援(05/13)

【ウイークリー統計】第88回 外国人労働者は資格過剰の傾向(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン