• 印刷する

金融バークレイズ、第3四半期は黒字復帰

英金融大手バークレイズは23日、第3四半期(7~9月)の純利益が6億1,100万ポンドとなり、前年同期の2億9,200万ポンドの赤字から黒字に復帰したと発表した。1年前は返済保障保険(PPI)の不当販売に関連して14億ポンドの引当金を計上しており、この反動が大きい。

税引き前利益は11億4,700万ポンドと4.5倍超に拡大。うち国内部門は、1年前の6億8,700万ポンドの赤字から1億9,600万ポンドの黒字に復帰。国際部門は2.5%伸び、うちコーポレート&投資銀部門は13.4%拡大した。

グループの業務粗利益は45億9,600万ポンドとなり、9.5%減少。バーゼル3全面適用時の普通株式等ティア1レシオ(自己資本比率)は9月末時点で14.6%と、1年前から1.2ポイント上昇している。

同社は今後について、国内部門では低金利などの逆風が来年にかけて続くと予想。下半期の減損処理額は上半期から大きく減り、通年でも前年の水準を下回るとみる。ただ、見通しは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)や、英国と欧州連合(EU)の将来的な関係を巡る交渉の結果に左右されるため、依然として不透明だとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、エストニアとラトビアを隔離対象国に(11/30)

英・EUの対面交渉が再開 バルニエ交渉官がロンドン入り(11/30)

英当局、アストラゼネカのワクチン査定へ(11/30)

「トップショップ」のアルカディアが破綻も(11/30)

家電ダイソン、新技術に27.5億ポンド投資(11/30)

BP、中東の油ガス田への投資拡大へ(11/30)

タイ財閥のテスコ買収、競争委元委員が異議(11/30)

英・ポルトガル不動産、マカオ市民が熱視線(11/30)

金融スタンチャート、アジア地区CEO指名(11/30)

イングランドの警戒水準公表 大半地域が厳格な規制対象に(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン